愛媛の歴史文化

愛媛の歴史と文化

愛媛県の地図

愛媛県内は、一次産業が盛んな南予地方、二次産業が盛んな東予地方、三次産業が盛んな中予地方と大きく3つの地域に分かれています。このような区分からか、同じ県内ながら方言や気質などの文化に若干の違いが見られるのは、風土や気候によるものかもしれません。
古代から近代までの歴史的建造物が、県内には数多く現存しています。『日本最古の温泉』として有名な道後温泉や、『現存十二天守』に数えられる松山城と宇和島城など、観光名所としても人気のスポットとなっています。その歴史的建造物の背景にある、古くから残る町並みや伝統工芸、郷土料理、お祭りなどの文化も色濃く残されており、歴史と文化が現在にも受け継がれています。まさに、歴史と文化を見て学べる、観光資源の宝庫ともいえるところなのです。

愛媛県はこんなところです

歴史的建造物が数多く現存する伊予の国

古代から伊予国として栄えた愛媛県は、日本史を彩るような歴史的建造物が数多く現存します。『日本最古の温泉』として全国的にも有名な道後温泉や、『現存十二天守』に数えられる松山城と宇和島城など、歴史ファンならずとも楽しめる観光スポットとして人気を馳せています。

歴史

詳細を見る

分割された県域が育んだそれぞれの文化

一次産業が盛んな「南予」、二次産業が盛んな「東予」、三次産業が盛んな「中予」と県域が3つの地域に分かれています。各産業が、県内でバランスよく展開されている珍しい体系です。これにより、同じ県内でも各地域の方言やお祭りなどの文化が異なり、それぞれが特徴を持っています。

文化

詳細を見る

海、山、川。ありのままの自然が満喫できる

全域を通じて海と山の大自然に囲まれていながら、大きな自然災害も少なく、年間を通して温暖な気候に恵まれています。ありのままの自然が残されているため、石鎚山への登山や四国カルストでのドライブ、宇和海海中公園でのスキューバダイビングなどに訪れる方も多く見られます。

自然

詳細を見る

自然と共存してきた先人のくらし

自然と共存してきた先人たちから受け継いだ、町並みや工芸、郷土料理が現在も色濃く残っております。情緒あふれる内子の白壁の町並みや、先人の知恵で造られた石垣の里など現在もそこに暮らす人々に出会えます。さらに、県内各所で伝統工芸や郷土料理に親しむこともできます。

くらし

詳細を見る

このページのトップへ