愛媛|文化|文化でみる愛媛県

文化でみる愛媛県

愛媛県は行政や天気予報などの地域区分が他県と違い、県域を三分し東部の伊予東予、中央部の伊予中予、南西部の伊予南予と3つの地域に分かれています。各地域には、文化はもちろん、気候や地形、方言などにそれぞれ違いがみられ、それが愛媛県の特徴にもなっています。これは江戸時代に伊予八藩と呼ばれたように幾多の藩が分立し、各藩で能や茶、文楽などそれぞれ特色を持った文化が育まれ、地域ごとに独自の文化が根付いたためです。

各地方の文化は、衣食住やお祭りなどにもはっきりと見ることができます。近代に入り時代は明治になると、正岡子規を始めとした多くの文学人が俳句革新を行い、俳句が愛媛の風土に定着しました。現在県内には約900基の句碑が点在するなど、広く県民に親しまれています。また、ノーベル賞作家の大江健三郎や早坂暁などの作家を多く輩出するとともに、夏目漱石著「坊っちゃん」や司馬遼太郎著「坂の上の雲」などの名作の舞台や題材にも描かれています。

独自の文化が織りなす多彩な愛媛

愛媛県は、江戸時代に幾多の藩が分立し、現代でも大きく分けて伊予東予、伊予中予、伊予南予と、県域が3つの地域に分かれています。それぞれの地域では、文化や民俗はもちろん、自然環境や産業形態など他の地域と異なる点が多くみられ、今日の多彩な愛媛の特色へと繋がっているといえます。
さらに、地理的条件や歴史的背景も重なり、同じ県内でも各地域ごとに独自の文化が育まれ、地元の人々によって長い間大切に守り抜かれてきた文化は、現在でも人から人へと大切に伝承され続けています。

一風変わった愛媛の祭り

愛媛県には規模の大小、季節を問わず様々なお祭りが県内各地で行われています。その中でも、奇祭と呼ばれる一風変わったお祭りが現在でも伝統行事として開催されており、毎年多くの人が見学に訪れています。
代表的な奇祭としては、妖怪をモチーフにした巨大な山車が街を練り歩く「牛鬼まつり」や、病の邪気をきゅうりへ封じ込める「きうり封じ」、水田で泥まみれになりながらドタバタ劇が演じられる「どろんこ祭り」などがあります。その他にも、戦国時代の伝説にちなんだ独特な伝統行事などもあり、愛媛県ならではのお祭りを楽しむことができます。

愛媛県の「文化」を知るならこんな観光スポットがおすすめ!

中央広場の中心にある花時計。5月、10月、2月に植替えが行われるので、季節ごとに違った景観が楽しめる。

愛媛県農林水産研究所農業研究部花き研究指導室

色彩豊かな花に囲まれた癒しの空間

このゲートをくくれば、誰でも昭和30年代にタイムスリップすることができる。

思ひ出倉庫

まぼろし商店街・二丁目の夕日

店内には、江戸時代の終わりから大正時代にかけ、店の常連に配っていた引き札や、タンス階段などの家具も展示されている。

あたらし屋

江戸時代の建物を活用した町内文化の発信源

近未来的な館内は、それだけで心が躍らされる。

伊方ビジターズハウス

伊方原子力発電所をバーチャル体験

五本の櫂で小早船を操り、200mの直線コースで速さを競う。

水軍レース大会(宮窪夢花火)

勇壮な漕ぎ比べに水軍の歴史を感じる

もっと探す

このページのトップへ