愛媛|くらし|愛媛県のくらしの風景

愛媛県のくらしの風景

愛媛県は四国北西部に位置しており、北側と西側は瀬戸内海と宇和海、南側には西日本最高峰の石鎚山(1982m)を頂点にした四国山地がそびえているため、急峻な土地が多く平野部が少ないのが特徴となっています。
しかし、自然に恵まれた環境でもあり、人々は昔から大自然の恩恵を受け日々の営みや知恵を育んできました。それはいくら時代が流れても変わることはなく、海に面した地域では新鮮な海の幸、山間の地域では山の幸が現在でも収穫されており、多くの人々が生計を立てています。

また、その地域の産物を使用して作られる家庭料理や工芸品は、長い年月の中で人から人へと継承され、現在では郷土料理や伝統的工芸品となり、多くの人に愛され続けています。

伝承の技が光る珠玉の品々

愛媛県には古くからの伝統的工芸品が20品以上存在しており、それらは人々の日常生活の中で使用され、そして長い年月を越えて伝統的工芸品の域にまで洗練されてきました。
中には、全国的に見ても優れた品が多く、日本三大絣(かすり)の1つに数えられる伊予かすりや、平安時代からの伝統を誇る大洲和紙、繊細で豪華絢爛な桜井漆器、白く滑らかな白磁の肌に美しい藍色の絵模様が描かれた砥部焼などは、愛媛県を代表する伝統的工芸品となっています。これらの品々は、ただ単に原材料となる資源に恵まれていただけではなく、愛媛県の風土の中で育まれてきた人々の知恵と伝承の賜物と言えます。

人々の営みと自然の恵みから生まれた郷土料理

愛媛県は北東から南西に長く広がり、県域を三分し東部の伊予東予、中央部の伊予中予、南西部の伊予南予と3つの地域に分かれています。地形や気候、産物などにそれぞれ違いはありますが、全体的には気候は温暖で北側と西側は瀬戸内海と宇和海に面し、南側には四国山地が東西にそびえています。
そのため、昔から海や山の自然に恵まれており、県内の各地域ではその地の特産物を使用した伝統的な料理が人々の間で脈々と受け継がれ、現在では当地を代表する郷土料理として今日まで伝わっています。

愛媛県の「くらし」を知るならこんな観光スポットがおすすめ!

お客さんを待たさないように、豚バラは味付けして煮込んでおくなど様々な工夫であっという間に焼き上がる。

三津浜焼 まるこう

移動しながら三津浜焼きを宣伝

黒い色が特徴のつゆには、ダシを取った大豆や椎茸がごろごろと入っている。職人が一つ一つ手作りした木のたらいもこだわりの一品。

小番食堂

つゆが特徴の小田の味を今に伝える

ここでしか買えない完全オリジナルの「野菜ミックスドレッシング」(480円)。

[道の駅]どんぶり館「青空市場」

西予市の旬な素材が盛りだくさん

併設された工場では、別子飴の全ての製造工程を見学することができる。検品作業は、一つひとつ手作業で行われる。

別子飴本舗

地元への愛情が生んだ新居浜の名産品

地産池消を取り入れたヘルシーバイキング。「自然食」が楽しめる。

遊栗館

田舎の素朴なおふくろの味を堪能

辛めのソースと甘い牛脂が隠し味となる三津浜焼きは、ボリューム満点。

みよし駅前店

オリジナルソースと甘めの牛脂が伝統の味を伝える

もっと探す

このページのトップへ