愛媛|くらし|愛媛県のくらしの風景

愛媛県のくらしの風景

愛媛県は四国北西部に位置しており、北側と西側は瀬戸内海と宇和海、南側には西日本最高峰の石鎚山(1982m)を頂点にした四国山地がそびえているため、急峻な土地が多く平野部が少ないのが特徴となっています。
しかし、自然に恵まれた環境でもあり、人々は昔から大自然の恩恵を受け日々の営みや知恵を育んできました。それはいくら時代が流れても変わることはなく、海に面した地域では新鮮な海の幸、山間の地域では山の幸が現在でも収穫されており、多くの人々が生計を立てています。

また、その地域の産物を使用して作られる家庭料理や工芸品は、長い年月の中で人から人へと継承され、現在では郷土料理や伝統的工芸品となり、多くの人に愛され続けています。

伝承の技が光る珠玉の品々

愛媛県には古くからの伝統的工芸品が20品以上存在しており、それらは人々の日常生活の中で使用され、そして長い年月を越えて伝統的工芸品の域にまで洗練されてきました。
中には、全国的に見ても優れた品が多く、日本三大絣(かすり)の1つに数えられる伊予かすりや、平安時代からの伝統を誇る大洲和紙、繊細で豪華絢爛な桜井漆器、白く滑らかな白磁の肌に美しい藍色の絵模様が描かれた砥部焼などは、愛媛県を代表する伝統的工芸品となっています。これらの品々は、ただ単に原材料となる資源に恵まれていただけではなく、愛媛県の風土の中で育まれてきた人々の知恵と伝承の賜物と言えます。

人々の営みと自然の恵みから生まれた郷土料理

愛媛県は北東から南西に長く広がり、県域を三分し東部の伊予東予、中央部の伊予中予、南西部の伊予南予と3つの地域に分かれています。地形や気候、産物などにそれぞれ違いはありますが、全体的には気候は温暖で北側と西側は瀬戸内海と宇和海に面し、南側には四国山地が東西にそびえています。
そのため、昔から海や山の自然に恵まれており、県内の各地域ではその地の特産物を使用した伝統的な料理が人々の間で脈々と受け継がれ、現在では当地を代表する郷土料理として今日まで伝わっています。

愛媛県の「くらし」を知るならこんな観光スポットがおすすめ!

社長自らが30年以上の月日をかけ研究した「おいしい酢卵」。

森文醸造

伝統と最新技術を駆使して進化を続ける森文醸造

城川町の特産品の一つに数えられる本場仕込みのベーコンやウインナーなどの製品は、どれもスパイスがよく効いた職人の技が光る逸品ばかり。

城川自然牧場

絶えることなく追求し続ける本場直伝の味

昼のランチセットでは、焼豚玉子飯に日替わり惣菜がたくさん付いてくる。

居酒屋 壱歩

わがまま大将のオレ流焼豚玉子飯

吉田町特産のみかんを使ったジュースは、みかんの皮を1つ1つ手作業でむいてしぼったもの。

きなはいや三万石

吉田町の山の幸、海の幸が揃う

呼んだらすぐによってくる人懐っこいアイドルのマンボウ。

みかめ海の駅 潮彩館

マンボウとウミガメ、ヤギが出迎える海の駅

周辺には運動施設や海水浴場の施設もあり、多くの人で賑わう。

[道の駅]風早の郷 風和里

高縄山を背に瀬戸内斎灘の島々を眺望できる風光明媚な道の駅

もっと探す

このページのトップへ