愛媛|自然|愛媛県の豊かな自然

愛媛県の豊かな自然

年間を通し比較的温暖な気候に恵まれている愛媛県。四国地方の北西部に位置しており、世界的にみても比類のない美しさを誇る瀬戸内海や、四国の中央部を東西に貫く四国山地には自然公園が多く分布しています。県域の南側には西日本最高峰である石鎚山(標高1982m)を頂点に標高の高い山々が天高くそびえており、日本三大カルストの一つでもある四国カルストでは、気分爽快な牧場地帯と雄大な景色が広がっています。

また、それらの山麓には大自然が織りなす緑豊かな大渓谷が数多く点在しており、川のせせらぎと木々のざわめきに耳を傾けながら澄んだ空気を堪能することができます。北側から西側にかけては、瀬戸内海から宇和海に至る風光明媚な海岸線が1500m以上にわたって伸びており、200余りの島々から成る瀬戸内の多島美と、色鮮やかな熱帯魚が生息する紺碧の宇和海を一望することができます。このように愛媛県は海・山・川すべてが揃うまさに大自然の宝庫です。

美しい海に広がる神秘的な光景

愛媛県は北部に瀬戸内海、西部に宇和海と、県内各地が海に面しており、2つの海域はともに日本を代表する自然の景勝地である国立公園に指定されています。瀬戸内海は日本初となる国立公園の一つとして瀬戸内海国立公園に指定され、大小200余りの島々から成る瀬戸内の多島美は世界的にみても比類のない美しさです。宇和海は海岸部を中心とした足摺宇和海国立公園に含まれており、海中に広がる造礁サンゴと熱帯魚の織りなす海中景観が美しい公園です。また、この周辺の海域はスキューバダイビングのメッカとしても全国的に知られており、毎年多くのダイバーが訪れています。

大自然が織りなす緑豊かな渓谷美

愛媛県の南側には四国の中央部を東西に貫く四国山地がそびえており、県域には西日本最高峰である石鎚山(標高1982m)を始めとした標高1000m以上の高い山々が幾つも存在しています。その山麓には緑豊かな渓谷が県内に10ヶ所以上点在しており、野生動物も多く生息する大自然の渓谷美の中を遊歩道に沿って散策することができます。また、これらの渓谷は紅葉の名所としても広く知られており、秋になれば木々の緑が色づき始め、燃えるような渓谷美が辺り一面を覆いつくすなど、移りゆく季節と自然の壮大さを感じさせられます。

愛媛県の「自然」を知るならこんな観光スポットがおすすめ!

最後の難関となる断崖絶壁の大岩には二筋の鎖が掛けられており、鎖を伝い登れば頂上の祠に到着できる。

だらり権現

巨岩の連なる石鎚山信仰の拠点

サギソウは8月上旬から9月中旬にかけて、白鷺が羽を広げた姿に似た、小さく白い花を咲かせる。

蛇池湿地

守るべき湿原植物の楽園

公園内は散歩をする人で常時溢れており、市民には欠かせない公園。

松山城山公園(堀之内地区)

かつて豊富な緑で城下を彩った史跡公園

牛が放牧されており、牧草を頬張る姿などを間近で見ることができる。

高茂高原

海と山が調和した高原

日本夜景遺産に認定された夜景は、製紙工場と瀬戸内海のもう一つの姿で、ロマンチックな空間を提供してくれる。

具定展望台

日本夜景遺産に選定された四国最大級の夜景スポット

かつて、江戸の武士がこの地で竜に命を奪われたことから現在の名前になったという。

江戸淵

山間部の淵に伝わる竜の住む淵

もっと探す

このページのトップへ