我がまち自慢の名所・名産

大洲市

神南山(雲海)

かんなんざん(うんかい)

神南山(雲海)

冬場の大洲市では、雲の海に山々が島のように浮かんで見える神秘的な雲海を目にすることができます!雲海からの朝焼けに見る神南山は、まるで海に浮かぶ孤島のようです。漫画家の松本零士さんも、この神南山を見上げ、「銀河鉄道999」などの多くの作品に影響を与えたと言われているほどです。

大洲まちの駅「あさもや」:
0893-24-7011

臥龍山荘不老庵と臥龍淵

がりゅうさんそうふろうあんとがりゅうのふち

臥龍山荘と臥龍淵

肱川随一の名勝である臥龍淵(がりゅうぶち)では、冬場の早朝になると川面から水煙がゆらゆらと立ち上り、ミシュラン1つ星の臥龍山荘・不老庵を借景にした幻想的な光景を演出しています。
その水煙が霧となり、そして肱川あらしへと姿を変えて、冬の大洲を彩る風物詩となっています。

大洲まちの駅「あさもや」:
0893-24-7011

伊予灘(夕日)

いよなだ

伊予灘(夕日)

肱川の河口には、瀬戸内の多島美や夕暮れ時の夕日など、季節や天候によって刻々と姿を変える美しい伊予灘が広がっています。
時間帯によっては、海岸線に沿って運行している観光列車「伊予灘ものがたり」の車窓から、茜色に染まる伊予灘や猫で有名な「青島」も車窓から眺めることができます!

大洲まちの駅「あさもや」:
0893-24-7011

このページのトップへ