我がまち自慢の名所・名産

内子町

内子座(創建100周年記念事業)

うちこざ(そうけん100しゅうねんきねんじぎょう)

内子座(創建100周年記念事業)

内子座は芸術・芸能を愛好する人々が大正5年に建てた劇場です。木造2階建て瓦葺き入母屋作りで、回り舞台や花道、枡席などを整えており、現在も芸術文化活動の拠点として活用されています!平成28年には創建100周年を迎えるため、茂山狂言公演など多くの記念事業が実施されています。

内子町役場 町並・地域振興課:
0893-44-2118

ねき歩き

ねきあるき

ねき歩き

「ねき歩き」は内子町の方言で「近所を歩く」という意味で、町並みの本通りから一本入った裏路地を地元のガイドが解説を交えてご案内します。これまでとは違った観点で散策すれば、普段の観光では見えてこない内子の深い魅力や文化を再発見できます!そんな「ねき歩き」をぜひお楽しみください!

内子町ビジターセンター:0893-44-3790

※申し込み、お問い合わせはこちらから
http://www.we-love-uchiko.jp/formmail/otoiawase.html

朝霧鍋(内子豚と地元野菜のこうじしゃぶしゃぶ)

あさぎりなべ(うちこぶたとじもとやさいのこうじしゃぶしゃぶ)

朝霧鍋(内子豚と地元野菜のこうじしゃぶしゃぶ)

「朝霧鍋」は、白濁の出汁麹に安心安全な内子豚と地元の新鮮な野菜をくぐらせて食べるしゃぶしゃぶです!出汁麹を張った鍋が霧に包まれた内子盆地を彷彿させることから名付けられました。豚肉特有の臭みが無く、きめが細かく柔らかいのが特徴です!ポン酢にお好みでトマトソースを加えると2種類の味が楽しめます!

内子町ビジターセンター:0893-44-3790

このページのトップへ