五十一番食堂

五十一番食堂

ごじゅういちばんしょくどう

中予くらし

昔から変わらぬ製法と味でお遍路さんのおやつとして大人気

農家の人々が石手寺にお米を奉納していた時代、お米を有効活用するために米粉にしてやきもちを作ったことが始まりとされている。上質の米粉使用し表面を軽く焼いたおもちと、旅の疲れを癒すように甘く炊かれたあんこは、昔から変わらぬ味と形を守り続け、石手寺を参拝した人々に愛され続けている。一つ一つ手作りで作られるやきもちは、石手の名物となっている。

おもちの表面はパリっとしており、プレーンとよもぎ味の2種類(各70円)。おもちの表面はパリっとしており、プレーンとよもぎ味の2種類(各70円)。

  • 昔から変わらぬ製法と味を守り続けるため、お遍路さん以外にも常連さんが多い。昔から変わらぬ製法と味を守り続けるため、お遍路さん以外にも常連さんが多い。
  • 店内では食事ができるスペースがあり、旅行者と情報交換も楽しめる。店内では食事ができるスペースがあり、旅行者と情報交換も楽しめる。
  • 石手寺参道を入ってすぐにあり、やきもちを作る様子を見ることもできる。石手寺参道を入ってすぐにあり、やきもちを作る様子を見ることもできる。

施設情報

住所
松山市石手2-9-20
電話番号
089-977-3003
営業時間
8:00~17:00
定休日
不定休
駐車場
あり(石手寺駐車場)/210円/1時間
料金
-

関連する観光スポット

愛媛県内では、宇和島城と共に「現存12天守」の一つである松山城天守。

松山城天守閣

瀬戸内を背景にそびえる天下の名城

ロープウェイを利用すれば8合目まで一気に昇れるので便利。

松山城ロープウェイのりば

ロープウェイに揺られて緑あふれる古城へ

松山城など、周囲の自然環境に配慮した三角形の外観は、自然とデザインの絶妙なバランス。

坂の上の雲ミュ-ジアム

「坂の上の雲」を目指し続けた明治の軌跡

かつて防水用水としての水が溜められていた大井戸。大きさはなんと東西18m、南北13m、深さ9m。

松山城二之丸史跡庭園

松山城防衛施設が今では癒しの空間に

中央広場の中心にある花時計。5月、10月、2月に植替えが行われるので、季節ごとに違った景観が楽しめる。

愛媛県農林水産研究所農業研究部花き研究指導室

色彩豊かな花に囲まれた癒しの空間

アクセスマップ

このページのトップへ