大洲神社

大洲神社

おおずじんじゃ

南予歴史

代々大洲藩の崇敬を集めた当地の守り神

大洲城東方の神楽山に鎮座し、大洲藩代々の崇敬を集めてきた由緒ある神社。1331年に大洲城が築城された際にこの地の総鎮守として建てられ、鎌倉時代から現在まで当地を見守り続けてきた。巨大な昭和燈がそびえ立つ長い石段を登ると、大洲城や趣のある城下町が見渡せ、境内には祭神である恵比須神の石像が佇んでいる。毎年1月9日から11日までは愛媛県で唯一の「十日えびす祭」が開催され、多くの参拝客が訪れている。また、ドラマや映画のロケ地として数々の作品にも登場している。

大黒天と恵比寿神を祭神に祀る大洲神社では、商売繁盛や福徳来家、五穀豊穣などの縁起を求めて多くの参拝者が訪れている。大黒天と恵比寿神を祭神に祀る大洲神社では、商売繁盛や福徳来家、五穀豊穣などの縁起を求めて多くの参拝者が訪れている。

  • 境内には、大洲神社の祭神である竹竿を持った恵比寿神の石像が佇んでいる。境内には、大洲神社の祭神である竹竿を持った恵比寿神の石像が佇んでいる。
  • 昭和天皇即位を記念して昭和3年に建てられた巨大な昭和燈は、大洲神社の象徴の一つ。昭和天皇即位を記念して昭和3年に建てられた巨大な昭和燈は、大洲神社の象徴の一つ。
  • トレンディードラマ・東京ラブストーリーの最終回で登場した手水が、今も変わらず設置されている。トレンディードラマ・東京ラブストーリーの最終回で登場した手水が、今も変わらず設置されている。

施設情報

住所
大洲市大洲神楽山417-16
電話番号
0893-24-3683
営業時間
定休日
駐車場
なし/
料金
-
最寄りの停留所名
伊予鉄南予バス・大洲本町(9分)
宇和島自動車・大洲本町(10分)
ぐるりん・あさもや前(3分)

関連する観光スポット

芸術的とも言える山門が、訪れた人たちを出迎える。門の中には、国の重要指定文化財に選ばれている朝鮮鐘もある。

金山出石寺

静寂に包まれた心休まる境内

丘の上に威風堂々とそびえる姿はまさに大洲の象徴そのもの。

大洲城

平成の大普請を経て現代によみがえった風薫る大洲の象徴

自然と人工との調和が絶妙で、縁側に腰をおろせば優しい安堵感に包まれる。

臥龍山荘

侘び寂びの 境地へいざなう 和の調べ

潤沢な肱川から引いた疎水には、色とりどりのコイが元気に泳ぎ回っている。

おはなはん通り

ドラマの舞台にもなった風情漂う旧き良き日本の町並み

大洲地方の歴史や芸術、民俗、産業などの資料を展示。大洲城に関する資料も多く、大洲城を訪れる前にぜひ予習しておきたい。

大洲市立博物館

大洲の歴史を紐解く鍵はここにあり

アクセスマップ

このページのトップへ