おおず赤煉瓦館

おおず赤煉瓦館

おおずあかれんがかん

南予歴史

赤煉瓦館を訪ねてみれば文明開化の音がする

明治34年に大洲商業銀行として建てられ、当時では珍しい外壁に赤煉瓦、屋根には和瓦を葺くという和洋折衷な建造物。現在は風格ある外観をそのまま活かし、観光施設として活用されている。長い時代を経たレンガを見て触れると、「明治」という新時代と「大正」というロマンあふれる時代の風を感じることができる。ナチュラルガーデンや本館と別館間にある中庭も、異国情緒が漂う空間で旅の気分を盛り上げてくれる。

異国情緒あふれる堂々とした外観は、百年以上にわたり「煉瓦館」と呼ばれ親しまれている。異国情緒あふれる堂々とした外観は、百年以上にわたり「煉瓦館」と呼ばれ親しまれている。

  • 中庭には緑が生い茂り、赤レンガとの絶妙のコントラストが、清々しい気分にしてくれる。中庭には緑が生い茂り、赤レンガとの絶妙のコントラストが、清々しい気分にしてくれる。
  • 名作シネマのポスターや、撮影カメラ・映写機を展示してあり、映画の歴史について楽しく学べる。名作シネマのポスターや、撮影カメラ・映写機を展示してあり、映画の歴史について楽しく学べる。
  • 動く鉄道模型や鉄道おもちゃコレクションなどは、思わず時間を忘れてしまうほど見入ってしまう。動く鉄道模型や鉄道おもちゃコレクションなどは、思わず時間を忘れてしまうほど見入ってしまう。

施設情報

住所
大洲市大洲60
電話番号
0893-24-1281
営業時間
9:00~17:00
定休日
年末(12/29~12/31)
駐車場
あり/無料
約10台
料金
本館は無料 [別館]大人200円/小人(3歳以上~中学生)100円/3歳以下無料
公式サイト
http://www.cnw.ne.jp/~ozu-akarenga/
最寄りの停留所名
伊予鉄南予バス・大洲本町(3分)
宇和島自動車・大洲本町(3分)
ぐるりん・あさもや前(2分)

関連する観光スポット

芸術的とも言える山門が、訪れた人たちを出迎える。門の中には、国の重要指定文化財に選ばれている朝鮮鐘もある。

金山出石寺

静寂に包まれた心休まる境内

丘の上に威風堂々とそびえる姿はまさに大洲の象徴そのもの。

大洲城

平成の大普請を経て現代によみがえった風薫る大洲の象徴

大黒天と恵比寿神を祭神に祀る大洲神社では、商売繁盛や福徳来家、五穀豊穣などの縁起を求めて多くの参拝者が訪れている。

大洲神社

代々大洲藩の崇敬を集めた当地の守り神

自然と人工との調和が絶妙で、縁側に腰をおろせば優しい安堵感に包まれる。

臥龍山荘

侘び寂びの 境地へいざなう 和の調べ

潤沢な肱川から引いた疎水には、色とりどりのコイが元気に泳ぎ回っている。

おはなはん通り

ドラマの舞台にもなった風情漂う旧き良き日本の町並み

アクセスマップ

このページのトップへ