中江藤樹邸址(至徳堂)

中江藤樹邸址(至徳堂)

なかえとうじゅていし(しとくどう)

南予歴史

日本最初の陽明学者が居住した地

中江藤樹は「日本の陽明学の祖」と呼ばれ、身分を越えて教化を行い、後年「近江聖人」(おおみせいじん)と人々から仰がれた江戸初期の陽明学者。屋敷跡があったとされる学校内に、旧宅になぞらえた書院が建設された。 書院の名称は文学博士西晋一郎氏により考えられ、その案の中から「孝経首章至徳要道」を旧藩主の加藤泰通氏が選んで「至徳堂」と命名された。昭和28年には愛媛県指定史跡に選定されている。

屋内には中江藤樹の木像が安置されており、至徳堂などの説明を聞くことができる。屋内には中江藤樹の木像が安置されており、至徳堂などの説明を聞くことができる。

  • 庭では明治40年、天長の佳節に近江小川村の藤樹院から根分けして移植した「遺愛の藤」が、毎年美しく咲き誇る。庭では明治40年、天長の佳節に近江小川村の藤樹院から根分けして移植した「遺愛の藤」が、毎年美しく咲き誇る。
  • 生誕350年を記念し建立した碑には、藤樹像や藤樹真蹟の「孝」の文字の辞解を彫出している。生誕350年を記念し建立した碑には、藤樹像や藤樹真蹟の「孝」の文字の辞解を彫出している。
  • 至徳堂に向かう途中には藤樹青年銅像や、天心園と名付けられた庭園が築かれている。至徳堂に向かう途中には藤樹青年銅像や、天心園と名付けられた庭園が築かれている。

施設情報

住所
大洲市大洲737(大洲高等学校内)
電話番号
0893-24-4115(愛媛県立大洲高等学校)
営業時間
[開校時間]8:20~16:50
定休日
土・日曜日、祝日(大洲高等学校休校日に準ずる)
駐車場
あり(来観前要連絡)/無料
高等学校使用以外空車スペース
料金
無料
公式サイト
http://www.city.ozu.ehime.jp/life/facilities/ken_nakae.html
最寄りの停留所名
伊予鉄南予バス・鉄砲町(4分)
宇和島自動車・大洲本町(10分)
ぐるりん・三の丸(5分)

関連する観光スポット

芸術的とも言える山門が、訪れた人たちを出迎える。門の中には、国の重要指定文化財に選ばれている朝鮮鐘もある。

金山出石寺

静寂に包まれた心休まる境内

丘の上に威風堂々とそびえる姿はまさに大洲の象徴そのもの。

大洲城

平成の大普請を経て現代によみがえった風薫る大洲の象徴

大黒天と恵比寿神を祭神に祀る大洲神社では、商売繁盛や福徳来家、五穀豊穣などの縁起を求めて多くの参拝者が訪れている。

大洲神社

代々大洲藩の崇敬を集めた当地の守り神

自然と人工との調和が絶妙で、縁側に腰をおろせば優しい安堵感に包まれる。

臥龍山荘

侘び寂びの 境地へいざなう 和の調べ

潤沢な肱川から引いた疎水には、色とりどりのコイが元気に泳ぎ回っている。

おはなはん通り

ドラマの舞台にもなった風情漂う旧き良き日本の町並み

アクセスマップ

このページのトップへ