思ひ出倉庫

思ひ出倉庫

おもいでそうこ

南予文化

まぼろし商店街・二丁目の夕日

日本の旧き良き時代、昭和30年代へのタイムスリップが体感できるポコペン横丁内にあり、倉庫と呼ばれる館内には、昔の交番や理髪店、駄菓子屋など昭和の街並みを再現。また、懐かしさと憧れを抱く「Coke&VANコーナー」は、団塊の世代にとって垂涎のグッズが数多く展示されている。どの世代にとっても不思議とどこか懐かしい気持ちにさせてくれ、少年・少女時代を思い出させてくれる。

このゲートをくくれば、誰でも昭和30年代にタイムスリップすることができる。このゲートをくくれば、誰でも昭和30年代にタイムスリップすることができる。

  • 今にも奥からおばあちゃんが出てきそうな駄菓子屋の風景を忠実に再現。今にも奥からおばあちゃんが出てきそうな駄菓子屋の風景を忠実に再現。
  • 駄菓子屋の奥の和室は誰でも自由に靴を脱いで上がることができる。駄菓子屋の奥の和室は誰でも自由に靴を脱いで上がることができる。
  • 「Cokeコーナー」のコレクションは、全て一人で地元の人がコレクションした物。「Cokeコーナー」のコレクションは、全て一人で地元の人がコレクションした物。

施設情報

住所
大洲市大洲103
電話番号
0893-24-2664(大洲市観光協会)
営業時間
9:30~16:30(入場16:00まで)
定休日
年末(12/29?12/31)
駐車場
あり/無料
[大洲まちの駅あさもや]普通車43台/大型車6台 [おおず赤煉瓦館]普通車10台
料金
大人200円/中学生以下100円
公式サイト
http://pokopen.yokochou.com/
最寄りの停留所名
伊予鉄南予バス・大洲本町(4分)
宇和島自動車・大洲本町(7分)
ぐるりん・あさもや前(2分)

関連する観光スポット

芸術的とも言える山門が、訪れた人たちを出迎える。門の中には、国の重要指定文化財に選ばれている朝鮮鐘もある。

金山出石寺

静寂に包まれた心休まる境内

丘の上に威風堂々とそびえる姿はまさに大洲の象徴そのもの。

大洲城

平成の大普請を経て現代によみがえった風薫る大洲の象徴

大黒天と恵比寿神を祭神に祀る大洲神社では、商売繁盛や福徳来家、五穀豊穣などの縁起を求めて多くの参拝者が訪れている。

大洲神社

代々大洲藩の崇敬を集めた当地の守り神

自然と人工との調和が絶妙で、縁側に腰をおろせば優しい安堵感に包まれる。

臥龍山荘

侘び寂びの 境地へいざなう 和の調べ

潤沢な肱川から引いた疎水には、色とりどりのコイが元気に泳ぎ回っている。

おはなはん通り

ドラマの舞台にもなった風情漂う旧き良き日本の町並み

アクセスマップ

このページのトップへ