宇和民具館

宇和民具館

うわみんぐかん

南予文化

民具が時代を語り出す

今では使われなくなった商売道具や生活道具などを中心に5000点以上の展示物があり、その数は現在も増え続けている。国内でも有数の広さと品揃えを誇り、実際に使っていた年配の人だけでなく若者まで、懐かしさや珍しさから目を釘付けにさせる展示物が多く、宇和町の文化や風習に触れることができる。1階では、昔懐かしい土間や和室があり、季節に合わせて雛人形や五月人形、七夕飾りなども飾られる。

入口には牛鬼と大わらじがあり、宇和町の祭りや風習を紹介する。入口には牛鬼と大わらじがあり、宇和町の祭りや風習を紹介する。

  • 町並みに合わせ、当時の軒先を再現した外観。町並みに合わせ、当時の軒先を再現した外観。
  • 卯之町の街並みを再現したミニチュア。江戸時代に宿場町として栄えたことがうかがえる。卯之町の街並みを再現したミニチュア。江戸時代に宿場町として栄えたことがうかがえる。
  • 生活道具から祭器まで、地元で集めたたくさんの民具を展示している。生活道具から祭器まで、地元で集めたたくさんの民具を展示している。

施設情報

住所
西予市宇和町卯之町3-106
電話番号
0894-62-1334
営業時間
9:00~17:00(入館16:30まで)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29~1/3)
駐車場
なし(近くの中町広場駐車場に駐車可)/無料
[中町広場駐車場]30台
料金
[明治の授業体験(4人以上)]1人200円
[入館料(一般)]大人500円/小人(中学生以下)300円
[入館料(団体20名以上)]大人450円/小人250円
※障害者手帳(身体・精神)、療育手帳保持者は免除
※就学前は無料
※入館料は開明学校、申義堂、歴史民俗資料館の入館を含む
公式サイト
http://www.seiyo1400.jp/c/tourism/2011/02/16/uwamingu/
最寄りの停留所名
宇和島自動車・西予市役所前(4分)

関連する観光スポット

遊歩道を登りきると湧出口があり、ひんやりとして幽玄の世界が広がる。

観音水

自然が織り成す奇跡のスピリチュアル・スポット

1階常設展示では愛媛県の民俗芸能などを展示紹介している。実物の山車やみこしのほかに、海・山・里の生活の様子が再現されたコーナーもある。

愛媛県歴史文化博物館

愛媛の歴史や民俗を体感できるミュージアム

地域の芸術文化振興の拠点、また生涯学習の場として活用してもらうために建てられた。

宇和先哲記念館

西予市宇和町ゆかりの偉人を紹介

明治15年に建てられた擬洋風の小学校舎。国の重要文化財に指定されている。

開明学校

宇和の町に明治の到来を告げた学舎

全長109mの長い廊下は、移築前の校舎の時代の面影を残したまま。ここに立つと子供の頃の思い出が鮮やかによみがえる。

宇和米博物館

「米どころ・宇和」の米作りを今に伝える

アクセスマップ

このページのトップへ