松山道後秋祭り

松山道後秋祭り

まつやまどうごあきまつり

中予文化

男の祭り!神輿と神輿の凄まじいぶつかり合い

7日の早朝6時半頃から道後温泉駅前で八町八体の大神輿がそれぞれ2回づつ、計8回の豪快な「鉢合わせ」を行う。喧嘩神輿と呼ばれ、神輿と神輿がぶつかり合い、たちまち神輿を取り巻いていた「神輿守り」の若い衆が渾身の力を込め神輿を押し合う様は圧巻。鉢合わせだけでなく宮入や宮出しも見所で、伊佐爾波神社の135段ある急勾配の石段を、大神輿が次々と進む姿は担ぎ手の熱気で神輿が曇って見えるほど壮大で壮観。

二体の神輿を勢いよくぶつける様は迫力満点で圧巻の一言!神輿が合わさった瞬間、周りの観客からは歓声と拍手の渦が巻き起こる。二体の神輿を勢いよくぶつける様は迫力満点で圧巻の一言!神輿が合わさった瞬間、周りの観客からは歓声と拍手の渦が巻き起こる。

  • 威勢のいい掛け声とともに神輿を45度に傾け、睨み合い、双方の神輿が激しくぶつかる。ぶつかった瞬間には地響きのような独特の鈍い音が響く。威勢のいい掛け声とともに神輿を45度に傾け、睨み合い、双方の神輿が激しくぶつかる。ぶつかった瞬間には地響きのような独特の鈍い音が響く。
  • まだ朝日も昇らぬ早朝5時半に神社が開門となり、伊佐爾波神社と湯神社から宮出しされた八町八体の大神輿は次々と馬場に集合する。まだ朝日も昇らぬ早朝5時半に神社が開門となり、伊佐爾波神社と湯神社から宮出しされた八町八体の大神輿は次々と馬場に集合する。
  • 道後駅前、アーケード前には神輿を一目観ようと、毎年多くの観光客で賑いをみせる。道後駅前、アーケード前には神輿を一目観ようと、毎年多くの観光客で賑いをみせる。

施設情報

住所
松山市伊予鉄道後温泉駅前
電話番号
089-947-7447(伊佐爾波神社)
営業時間
10月5日(宵宮)、6日(本祭)、7日(本宮)
定休日
駐車場
なし/
料金
-

関連する観光スポット

愛媛県内では、宇和島城と共に「現存12天守」の一つである松山城天守。

松山城天守閣

瀬戸内を背景にそびえる天下の名城

ロープウェイを利用すれば8合目まで一気に昇れるので便利。

松山城ロープウェイのりば

ロープウェイに揺られて緑あふれる古城へ

松山城など、周囲の自然環境に配慮した三角形の外観は、自然とデザインの絶妙なバランス。

坂の上の雲ミュ-ジアム

「坂の上の雲」を目指し続けた明治の軌跡

かつて防水用水としての水が溜められていた大井戸。大きさはなんと東西18m、南北13m、深さ9m。

松山城二之丸史跡庭園

松山城防衛施設が今では癒しの空間に

自分でタルトが作れる「ハタダ栗タルト道場」栗タルト巻き体験では、スタッフが優しくアドバイスをしてくれるので、楽しみながら製作できる。

ハタダお菓子館

伊予の名菓ハタダのタルトを満喫

アクセスマップ

このページのトップへ