奥之院仙龍寺

奥之院仙龍寺

おくのいんせんりゅうじ

東予歴史

優麗な山奥にひっそりと佇む古刹

三角寺の奧之院で、地元では「奧之院さん」と呼ばれ親しまれている寺院。境内には、市指定天然記念物に指定されている樹齢数百年とも言われる樹高約45mの大杉がそびえ立っている。御堂は深い谷の上にまたがって建つ舞台造りで、通夜堂の奥の階段を上ると本堂や庫裡が廊下で繋がり、ひと続きの長い建物になっている。今では真っ暗で大きな音が響くのみの蟹淵の滝は、奥の院の横を這うように流れ銅山川へと注いでいる。

築200年あまりの木造4階建て本堂は岩壁に沿うように奥へと深く続いている。築200年あまりの木造4階建て本堂は岩壁に沿うように奥へと深く続いている。

  • はるか昔、法道仙人がここに住んでいたという伝説が残る。その法道仙人を祀る仙人堂と弥勒堂は切り立った山の斜面に建てられている。はるか昔、法道仙人がここに住んでいたという伝説が残る。その法道仙人を祀る仙人堂と弥勒堂は切り立った山の斜面に建てられている。
  • お通夜堂・本堂・庫裡・食堂などを結ぶ廊下は、長年の増築などによってまるで迷路のようになっている。お通夜堂・本堂・庫裡・食堂などを結ぶ廊下は、長年の増築などによってまるで迷路のようになっている。
  • 通夜堂の正面左に鐘楼と六角堂があり、その裏には銅山川に流れ込む小さな滝にかかる無名橋を渡り、うっそうとした山へ続くお遍路道が伸びている。通夜堂の正面左に鐘楼と六角堂があり、その裏には銅山川に流れ込む小さな滝にかかる無名橋を渡り、うっそうとした山へ続くお遍路道が伸びている。

施設情報

住所
四国中央市新宮町馬立1200
電話番号
0896-72-2033
営業時間
7:00~17:00
定休日
なし
駐車場
あり/無料
約10台
料金
無料

関連する観光スポット

夏から初秋にかけて赤や白、ピンクなど様々な種類のコスモスが一面に咲き乱れる。

翠波高原

色彩豊かな花が咲き誇る景勝地

青々とした緑に覆われた夏の塩塚高原。見上げると天に届きそうな大草原に圧倒される。

塩塚高原

澄んだ空気と清々しい風が吹き抜ける高原

色とりどりのあじさいに囲まれた遊歩道を歩けば、梅雨の魅力が満喫できる。

新宮あじさいの里

澄み切った空気の中咲き渡るあじさい

手すき体験ができる!ぜひオリジナルのはがきなど作ってみよう。

四国中央市紙のまち資料館

生活に欠かせない紙の歴史、文化にふれてみよう!

昭和61年に本丸跡に再建された、地上4階建て地下1階の天守閣。

川之江城

海を見渡す鷲尾山に築かれた戦乱の城

アクセスマップ

このページのトップへ