偉大な俳人17人の足跡

[写真提供/松山市立子規記念博物館][写真提供/松山市立子規記念博物館]

親友子規の顕彰に努める
「吾生はへちまのつるの行き処」

柳原極堂

やなぎはらきょくどう

子規より1年遅れで松山中学校に進んだ極堂は、子規を中心とした漢詩グループの華々しい活躍を目にする。仲間になるため子規に漢詩を送り、そこから交際が始まった。子規は極堂を「文友」と認め、上京後に興味を持ち始めた俳句をしきりと勧めるが、極堂のノリはいまひとつ。だが、明治20年に三津の大原其戎(おおはらきじゅう)を子規が初めて訪ねた際、同行したのは極堂だった。

子規の俳句革新運動を助けようと「ほとゝぎす」創刊。多忙のため、翌年、東京の虚子が引き継ぐことになったが、創刊の意義は大きい。海南新聞での「正岡子規君」執筆中に子規の訃報が届き、「筆を投じて~天何ぞ無情なるを絶叫せざるを得なかった」と嘆いた。「松山子規会」発足など、敬愛する子規の研究と顕彰に尽くし、正岡家菩提寺の一隅に「子規庵」を建てて終の棲家とした極堂。その生涯はまさに子規の後ろ姿を追いかけるものであった。

【略歴】

本名・正之。慶応3年(1867)2月松山藩士の家に生まれる。勝山学校卒業後は県庁の給仕になるが、明治14年松山中学校入学。2年後上京、共立学校(現・開成学園)へ。22年帰郷、海南新聞社入社、27年「松風会」に参加。30年「ほとゝぎす」創刊。32年松山市会議員当選。39年海南新聞を退社し「伊豫日日新聞」を復刊(昭和2年廃刊)。昭和7年「鷄頭」創刊(17年廃刊)。17年疎開のため帰郷、「松山子規会」創設。32年10月7日、90歳で逝去。句集に『草雲雀(くさひばり)』。

【ゆかりの地】

俳誌「ほとゝきす」創刊の地

俳誌「ほとゝぎす」創刊の地

明治30年1月、子規の革新俳句運動を後援するため、極堂は俳誌「ほとゝぎす」を創刊した。部数300、1部6銭だった。20号まで発行し、高浜虚子が東京で跡を継いだ。(松山市北立花町8)

愛媛にある柳原極堂の主な句碑一覧を見る

▲ このページの先頭へ戻る