偉大な俳人17人の足跡

[写真提供/松山市立子規記念博物館][写真提供/松山市立子規記念博物館]

険しくも新しい流れを
「思はずもヒヨコ生れぬ冬薔薇」

河東碧梧桐

かわひがしへきごとう

さくら活けた花屑の中から一枝拾ふ

上記の句碑が、松山市役所の向かいにある。この句碑は、松山刑務所にあったが、昭和28年に現在地に移された。碧梧桐の父静溪は、旧松山藩士で藩校「明教館」の教授。子規も静溪の塾で漢学を学んだ。碧梧桐は、色白で端正な顔立ち、水泳の得意な活発な少年だったという。今風にいえばイケメンである。高浜虚子と共に、後に子規門の双璧と言われた。二人は多感な青春時代をともに過ごし、子規からベースボールや俳句を学んでいる。京都の三高時代には同宿し、下宿に「虚桐庵」と名付けるほど親密だったが、やがてそれぞれの道を歩み始める。

子規は、「明治29年の俳句界」で新派の代表俳人として碧梧桐と虚子を挙げ、碧梧桐に対しては「印象明瞭なる句」、虚子に対しては、「時間的俳句」や「人事を詠じたる句」を評価した。碧梧桐は子規没後、新聞「日本」の俳句欄選者を引き継ぎ、写実的作風を進めていく。また、新傾向俳句運動を展開し、2回に渡って全国を俳句行脚。やがてルビ俳句へと進むが、次第に難解になり行き詰まっていった。碧梧桐の門には、荻原井泉水、中塚一碧楼、大須賀乙字らがいる。定型を破り季題趣味から脱する試みは、やがて自由律俳句の端緒となり現代俳句への新しい流れを作ることとなった。

【略歴】

明治6年2月26日。松山市千舟町で生まれる。本名は秉五郎(へいごろう)。伊予尋常中学校(現・松山東高)を経て京都の第三高等中学校に入学。後に仙台の第二高等中学校に転学するが中退、上京する。子規の俳句革新運動に加わる。明治36年、「温泉百句」を発表すると、虚子がこれを批判し「温泉百句論争」が起こる。新傾向俳句運動を展開し、新傾向時代を実現した。これを広げるため、明治39年より数年に渡って全国旅行に出る。大正初め頃から自由律俳句を作り始める。俳誌「海紅」「碧」「三昧」を相次ぎ発行。昭和8年、俳句界からの引退を表明し、「俳壇を去る言葉」を雑誌「日本及日本人」に発表。能、書にも長じており新聞記者としても活躍した。句集に、『碧梧桐句集』『新傾向句集』『八年間』など。昭和12年2月1日死去。63歳。

【ゆかりの地】

碧梧桐の墓(宝塔寺)

宝塔寺(ほうとうじ)にある碧梧桐の墓

昭和12年東京で永眠した碧梧桐は、父母の眠る宝塔寺墓地に埋葬された。「碧梧桐墓」の力強い筆跡は晩年の自筆。(松山市朝日ヶ丘1-1424)

高浜虚子住居跡

河東静溪住居跡(碧梧桐生誕地)

碧梧桐の父・河東静溪は松山藩の藩校・明教館の教授を務めた人物で、廃藩後、この地に「千舟学舎」を開いた。小説『坂の上の雲』では、子規が静溪を訪ねて漢学や漢詩文を教わったことが記されている。(松山市千舟町4丁目6-7あたり)

愛媛にある河東碧梧桐の主な句碑一覧を見る

▲ このページの先頭へ戻る