話題のえひめ
 

平成22年11月オープン

●伯方塩業大三島工場の「流下式枝条架塩田」
(はかたえんぎょうおおみしまこうじょうのりゅうかしきしじょうかえんでん)


流下式枝条架塩田

流下式枝条架塩田流下式枝条架塩田

 伯方塩業株式会社大三島工場では、「伯方の塩」の製造工程の見学ができます。また、平成22年秋、工場敷地内に瀬戸内の風物詩として親しまれた「流下式枝条架塩田」が見学施設用として再現されました。
 流下式枝条架塩田は、昭和46年に法律で全廃されるまで、主に瀬戸内海沿岸で行われていた製塩法です。
 伯方塩業に再現された流下式枝条架塩田は、600坪の敷地に、15列で幅8m、高さ5.5m、長さ35m枝条架(しじょうか)と、流下盤でつくられており、周囲の見学通路から稼働している姿を見ることができます。
 この製塩法では、にがり成分がほどよく残り、味がまろやかなのが特徴。
 ここへ来れば、古き良き日本のなつかしい塩田風景に出会えます。

※「流下式枝条架塩田」・・・ゆるい傾斜をつけた流下盤をつくって海水を流し、太陽の熱で塩分を濃縮させた後、竹の枝を組んでつくった「枝条架」の上から何度もつたい流し、風の力で濃縮させる方法。

■ 住所 今治市大三島町台32(マーレ・グラッシア隣り)
■ 電話 0897-82-0660
■ アクセス 瀬戸内しまなみ海道大三島ICから車で約15分
■ 見学受付時間 9:00~15:30(見学は16:00まで)
※予約不要ですが、10名以上は要予約
■ 所要時間 工場と塩田の両方で40~80分。工場のみなら20~40分。
■ 休業日 年末年始、お盆、地方祭ほか
■ 見学料金 無料
■ HP http://www.hakatanoshio.co.jp/(別ウィンドウで開きます)
戻る

このページのトップへ