話題のえひめ
 

平成15年5月オープン

●庚申庵史跡庭園(こうしんあんしせきていえん)



二百年の時を超えて甦った栗田樗堂の草庵

 寛政12年(1800)に建てられた庚申庵は、近世伊予第一の俳人といわれ、小林一茶とも親交が深かった栗田樗堂(くりたちょどう)が、名利を捨てて風流三昧に過ごした草庵です。平成15年5月、老朽化が激しかった建物が改修整備され「庚申庵史跡庭園」として生まれ変わりました。園内には、昔ながらの姿をとどめる庵のほか、松尾芭蕉の幻住庵にならったという庭園、樹齢200年のノダ藤の藤棚などを整備。松山東雲女子大学の学生・教職員を中心とするNPO法人が運営にあたっており、毎週土・日曜には大学生ボランティアが園内をガイドしてくれます。

庚申庵史跡庭園

庚申庵建物内 ■ 住所 松山市味酒町2-6-7
■ 電話 089-915-2204(庚申庵史跡庭園)
■ 入園・入館料 無料
■ アクセス 伊予鉄道市内電車電停宮田町から徒歩4分。
■ 開園時間 10:00~18:00
■ 休園日 水曜
■ 駐車場 なし(周辺有料駐車場利用)
戻る

このページのトップへ