伊予遍路 ~四国八十八箇所霊場めぐり~

さぁ、四国のお遍路に出かけよう!

四国八十八箇所霊場めぐりとは、約1200年前、弘法大師(空海)が、国の安泰・繁栄を願い、四国の各地に寺院(札所)を開創した八十八箇所の霊場を巡拝する旅です。

四国霊場八十八箇所の寺院を巡拝する総延長は約1400kmあり、札所を巡拝することで願いを叶えたり、弘法大師の功徳を得られるとされています。

札所を巡拝している人を「お遍路さん」や「お四国さん」と呼び、地元民はお接待(おもてなし)しています。

近年では、交通の便の発達もあり、本来の宗教的な意味合いでの巡拝者だけでなく、観光地巡りや一人旅など多くの巡拝者が四国の地に訪れています。

また、必ず「順打ち」や「逆打ち」で巡拝したり、一度にすべての寺院を巡る必要はないため、巡拝者自身にあった方法で巡拝できることも人気の理由となっています。

ここでは、来県された観光者が気軽に体験できるような「四国八十八箇所霊場巡り」を紹介します。

お遍路さんの服装

巡拝するにあたって正装はもちろんありますが、カジュアルな普段着や動きやすいアウトドアな服装でも寺院を巡拝する意識を持った服装でも問題はありません。

しかし、金剛杖や白衣、袈裟など最低限の衣装を身に着けて巡拝する人がほとんどです。

正装であれば、心身ともに引き締まるとともに、地元の方から「お遍路さん」として受け入れられやすくなります。

以下は、巡拝の正装と巡拝に必要な用品を紹介します。

巡拝用品は、各寺院やその付近の販売店、インターネットなどでも購入することができます。

お遍路服装(白衣、輪加裟、頭蛇袋、菅笠、金剛杖)

お遍路さんの用具

輪架裟

首から掛ける略式の袈裟で、札所で参拝する際に必ず身に着ける霊場巡拝の正装具。

金剛杖

弘法大師の分身と言われており、不浄な場所には持ち入らず、休む際は杖の先を洗います。

数珠

四国霊場巡拝では一般的に真言宗用の数珠が多く使われていますが、自身に宗派の数珠がある場合はそれを利用しても問題ありません。

納札

各札所の本堂と大師堂の2箇所の納札箱に納めるお札。道中に接待を受けた際の御礼にも使用します。

経本

本堂と大師堂で読経する際に読経し奉納するために欠かせない経本です。

納経帳

各札所で納経の証として納経所でご宝印をいただくための帳面。納経軸や納経用白衣も同様です。

参拝順序

山門(仁王門)
1.山門(仁王門)

境内へ入る際に合掌、一礼し境内へ入ります。

※山門の敷居は踏まずにまたぐこと。

手水舎
2.手水舎

手を洗い、口をすすぎ身を参拝前に清浄な心身に清めます。

鐘楼堂
3.鐘楼堂

鐘をゆっくりと2回撞く。

*鐘楼の鐘は自由に撞ける札所のみで近所の迷惑にならない時間帯に撞いてください。

本堂(金堂)
4.本堂(金堂)

献灯、献香し納札を納める。お賽銭を納めて礼拝し、お経(読経、写経等)を奉納する。

大師堂
5.大師堂

献灯、献香し納札を納める。お賽銭を納めて礼拝し、お経(読経、写経等)を奉納する。

納経所
6.納経所

納経帳等にご宝印(ご朱印)をいただく。

※お納経は基本的に7時から17時までとなっています。

山門(仁王門)
7.山門(仁王門)

境内を出る際に合掌、一礼。

※山門の敷居は踏まずにまたぐこと。

基礎用語集

同行二人

弘法大師と一緒に巡礼しているという意。


順打ち

一番札所から順に参拝すること。


逆打ち

八十八番札所から逆に参拝すること。「順打ち」よりも御利益があるとされている。


一国参り

一つの県を一国とし、参拝すること。


発願

八十八箇所めぐりにおいて最初の寺院を参拝すること。


結願

八十八箇所すべてを巡拝し終えること。


満願

八十八箇所すべてを巡拝し、高野山金剛峯寺奥之院に御礼参りとして参拝すること。


お接待

地元の人々が巡拝者に食べ物や飲み物等を提供すること。


先達

四国八十八箇所霊場すべてを4回以上巡拝している人のこと。


本堂

寺院のご本尊が祀られているお堂。


大師堂

弘法大師が祀られているお堂。


鐘楼堂

梵鐘をつるす堂。


手水舎

参拝者が手や口を清めるための水盤を置く建物。


真言宗

宗祖が弘法大師となる日本の仏教宗派の一つ。


関所寺

四国の各県に一つ設けられた各県の一番の難所となる寺院。


別格二十霊場

八十八箇所霊場以外で弘法大師ゆかりのある二十の寺院。

伊予遍路グルメ

モデルコース

愛媛の観光スポット

テーマから観光スポットを選ぶ:四国八十八箇所霊場検索結果一覧

26件の情報が見つかりました。

エリアを絞り込む:

本尊の十一面観音立像を納めた築約160年の本堂は、屋根が二層になっている珍しい造り。

由霊山 三角寺

四国88ヶ所愛媛県最後の関所寺

急峻な参道を一心に下るお遍路さん。

海岸山 岩屋寺

七種の霊鳥が住むといわれる山中深くに建つ寺院

鬼子母神が祀られているため、ここの石を持ち帰ると子宝と安産に恵まれると言われている。

熊野山 石手寺

味わい深い摩訶不思議なパワースポット

浄瑠璃寺の本堂の周りは神々しい雰囲気が漂い、参拝すれば身も心も洗われ初心にかえる事ができる。

医王山 浄瑠璃寺

体全体でスピリチュアルを感じる寺院

閻魔堂(えんまどう)に向かって左側が「地獄の途」、右側が「極楽の途」。壁にはそれぞれの浄土の絵画が描かれており、トンネルをくぐれば地獄と極楽巡りができる。

熊野山 八坂寺

閻魔の裁きを疑似体験

まるで城郭のように大きな石垣と、細部にまで彫刻が施された本堂は、自然に囲まれ荘厳な雰囲気を漂わせる。

源光山 明石寺

地元民に親しまれ続ける、自然と融和した古刹

境内に鎮座する狛犬や、山門代わりの鳥居など、神仏習合であった往時の面影が色濃く残る霊場。

稲荷山 龍光寺

神仏習合の面影が色濃く残る八十八箇所霊場

本尊の「大日如来像」は、鎌倉時代の墨署銘があり県の指定文化財になっている。像の前に鏡が置かれているのは神仏習合の名残。

一か山 仏木寺

四国霊場で唯一の茅葺屋根の鐘楼堂

過去に二度の火災により焼失した本堂は、昭和39年に大師創建当時の姿に復旧されている。

平城山 観自在寺

南国に鎮座する四国霊場の裏関所

宝冠をかぶった珍しい不動明王座像で、再三の火災から逃れていることから「火伏せ不動尊」と呼ばれている。

近見山 延命寺

寺院の歴史を刻んだ梵鐘

仁王像ではなく、内側も含めた四ヶ所に四天王を配置した山門は四国霊場では唯一の形式。

別宮山 南光坊

日本総鎮守・大山祇神社の別当寺

石垣を積んだ高台の上に境内がある。小山を背に諸堂が建っている。

金輪山 泰山寺

川の氾濫を鎮めた弘法大師伝説の残る寺院

府頭山の麓に静かに佇む栄福寺は、海陸安全や福寿増長の祈願寺として信仰されている。

府頭山 栄福寺

海路の安全を祈願した寺院

標高300mの高台にある境内、凛とした空気の中に荘厳な本堂が佇んでいる。

作礼山 仙遊寺

癒しの宿坊・・・天然温泉と精進料理でおもてなし

これまでに幾度も戦火に見舞われた本堂は、以前は茅葺きの小堂が建つのみだった。

金光山 国分寺

天平の面影が残る寺院

横峰寺山門の左方向には、石鎚山の西の遥拝所「星ヶ森」があり、
「かねの鳥居」越しの石槌山を望むことができる。

石鈇山 横峰寺

星が森から望む西日本最高峰石鎚山

安産や子授け、子供の成長などを願い女性や若い夫婦の参拝者が絶えない香園寺境内には「子安大師像」が祀られている。

栴檀山 香園寺

安産・子育ての信仰の子安大師さん

天養山 宝寿寺

安産の観音様として人々の信仰を集める寺

扁額(へんがく)に「四国唯一毘沙聞天鎮座」とあるように四国霊場で毘沙聞天を本尊とするのはこの寺院のみ。

密教山 吉祥寺

四国で唯一、毘沙聞天を本尊とする寺院

参道の突き当たりに大師堂、その右奥の突き当たりに石鎚山を背に立つ威風堂々たる本堂が建つ。

石鉄山 前神寺

石槌山修験の総本山

杉の巨木が林立する参道を進むと、堂々とした仁王門が建つ。仁王像は越前の大仏師・法眼の作(町の重要文化財)と云われる。

菅生山 大寶寺

遍路宿の名残をとどめた門前町

門前を流れる小川の土手より境内が低地にあるため、石段を下って参道に至る珍しい寺院である。

清滝山 西林寺

弘法大師の湧水伝説が伝わる寺院

和風と唐様式折衷建築の本堂は500年の歴史を持ち、背後にある竹林との対比が美しい。

西林山 浄土寺

空也上人の息吹が残された名刹

本堂には、第46代・孝謙天皇の勅願により行基菩薩が刻んだとされる薬師如来像が本尊として安置されている。

東山 繁多寺

天皇家・徳川将軍家との縁深き寺院

県内最古の木造建築で国宝に指定されている本堂は、真言密教では最大規模を誇る。

瀧雲山 太山寺

語り継がれる「一夜建立の御堂」伝説

本堂にある四メートル程の龍の彫り物は、江戸時代初期に活躍した伝説の彫刻職人・左甚五郎の作と伝えられている。

須賀山 円明寺

四国最古の納札が発見された寺院

歴史 文化 自然 温泉 レジャー くらし 体験 南予 宇和島市 八幡浜市 大洲市 西予市 内子町 伊方町 松野町 鬼北町 愛南町 東予 今治市 新居浜市 西条市 四国中央市 上島町 中予 松山市 伊予市 東温市 久万高原町 松前町 砥部町

このページのトップへ