佐田岬灯台

佐田岬灯台

さだみさきとうだい

南予自然

四国で一番夕日に近い場所

日本一細長い佐田岬半島先端の岸壁にそびえ立つ白亜の灯台。四国の最西端にあって、晴れた日には豊予海峡を隔てた九州を遠望できる。夕暮れになると海に溶けていく夕日を見ることができ、日中とは違ったローケーションに早変わり。先端までは駐車場から20分程度の距離であり、大自然に囲まれた遊歩道は、木漏れ日を浴びながら樹生林を抜け、潮風を受けながら青い海を眼下に見下ろすことができる。

岸壁にそびえ立つ白亜の灯台。岸壁にそびえ立つ白亜の灯台。

  • 灯台の下まで来るとそこは四国の最西端。灯台の下まで来るとそこは四国の最西端。
  • 晴れた日なら豊予海峡を隔てて九州を遠望できる。晴れた日なら豊予海峡を隔てて九州を遠望できる。

施設情報

住所
西宇和郡伊方町正野
電話番号
0894-38-0211(伊方町役場 産業振興課 商工振興室)
営業時間
定休日
駐車場
あり/無料
40台
料金
-
公式サイト
http://www.town.ikata.ehime.jp/soshiki/7/89.html

関連する観光スポット

池のほとりには遊歩道が整備されており、様々な花や植物を楽しみながら散歩することができる。

阿弥陀池

かつて竜王さえも魅了された池

隙間なく均一に積まれて造られた石垣はまさに芸術。暴風や潮風から集落を守り続ける石垣の大きさに、威圧感さえ感じる。

正野野坂の石垣群

雨風から集落を守り続ける城壁のような石垣

迷彩塗装が施された格納庫は、現在も重厚な雰囲気を残している。

移動式探照灯格納庫と環状路

佐田岬半島先端部の重要性を物語る軍事遺産

佐田岬灯台と豊予海峡、天気が良ければ大分県の佐賀関半島までも一望できる。

椿山展望台

九州まで遠望できる新たな絶景ポイント!

等間隔に並んだ風車の下を車で走り抜けられる爽快なドライブコース。

みさき風の丘パーク

風車の真下を走り抜けられるドライブコース

アクセスマップ

このページのトップへ