愛媛|南予|えひめの観光スポット検索

愛媛の観光スポット

エリアから観光スポットを選ぶ: 南予 検索結果一覧

テーマ
指定なし
エリア
南予
フリーワード
指定なし

449件の情報が見つかりました。

エリアを絞り込む:

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ >> [23]

木々が生い茂る遊歩道を抜けると、突然目の前に海と自然の景観が広がる。

自然休養林諏訪崎

約2kmの木々のトンネルを抜けると、そこは宇和海の絶景

自然に覆われた渓谷は、四季折々の景色を楽しませてくれる。

平家谷公園

山と山の間に作られた公園で大自然を満喫

芸術的とも言える山門が、訪れた人たちを出迎える。門の中には、国の重要指定文化財に選ばれている朝鮮鐘もある。

金山出石寺

静寂に包まれた心休まる境内

元々は地蔵と竜樹菩薩を従えた五尊仏だったが、現在その2体は奈良国立博物館の所蔵となっている。

梅之堂三尊仏

千年の刻を経て輝く、古色蒼然とした佇まいの仏像

資料室内には、京都府八幡市にあった二宮忠八が晩年に暮らしていた住居の一室が移築復元されており、当時の生活の様子が再現されている。

八幡浜市立市民図書館郷土資料室

八幡浜市の歴史と大空を飛ぶ夢が詰まった資料室

ここでのメインの楽しみはやっぱり大物釣り!外堀は場所によって水深が違うため様々な魚が狙える。

おさかな牧場「シーロード八幡浜」

最高のローケーションで釣り三昧!

海面すれすれを走る爽快感に溢れた、山王島と地大島を結ぶ道路。エメラルド色の海は美しく、橋の上から海を覗くと透き通った海に多くの魚が泳いでいるのが見える。

大島

宇和海の守護神・龍神の島

蛇口をひねればみかんジュースが出てくる試飲コーナーでは、愛媛県の都市伝説を体験するために多くの人だかりができる。

やわたはま八日市

歯切れのいい声が飛び交う港町の朝市

強風はゴォーゴォーとうねりをたてて肱川を吹き抜け、霧は沖合い数kmに達することもある。風速は長浜大橋付近において10m以上が観測されることもある。

肱川あらし展望公園

肱川あらしを見るために造られた展望台

河辺川にかけられた檜造りの屋根つき橋で河辺地区「浪漫八橋」の一つ、公園のシンボルとして架設された「ふれあい橋」。

河辺ふるさと公園

街中では体験できない様々な自然の楽しみ方や遊び方ができる

水は滝の岸壁にぶつかり白い飛沫(ひまつ)を飛び散らせながら、高さ15mの落差から一気に流れ落ちる。

三杯谷の滝

人々を魅了する自然が造り出す情景

丘の上に威風堂々とそびえる姿はまさに大洲の象徴そのもの。

大洲城

平成の大普請を経て現代によみがえった風薫る大洲の象徴

大黒天と恵比寿神を祭神に祀る大洲神社では、商売繁盛や福徳来家、五穀豊穣などの縁起を求めて多くの参拝者が訪れている。

大洲神社

代々大洲藩の崇敬を集めた当地の守り神

自然と人工との調和が絶妙で、縁側に腰をおろせば優しい安堵感に包まれる。

臥龍山荘

侘び寂びの 境地へいざなう 和の調べ

潤沢な肱川から引いた疎水には、色とりどりのコイが元気に泳ぎ回っている。

おはなはん通り

ドラマの舞台にもなった風情漂う旧き良き日本の町並み

大洲地方の歴史や芸術、民俗、産業などの資料を展示。大洲城に関する資料も多く、大洲城を訪れる前にぜひ予習しておきたい。

大洲市立博物館

大洲の歴史を紐解く鍵はここにあり

異国情緒あふれる堂々とした外観は、百年以上にわたり「煉瓦館」と呼ばれ親しまれている。

おおず赤煉瓦館

赤煉瓦館を訪ねてみれば文明開化の音がする

屋内には中江藤樹の木像が安置されており、至徳堂などの説明を聞くことができる。

中江藤樹邸址(至徳堂)

日本最初の陽明学者が居住した地

このゲートをくくれば、誰でも昭和30年代にタイムスリップすることができる。

思ひ出倉庫

まぼろし商店街・二丁目の夕日

精密かつ細かい彫刻が施されている本堂。彫刻の精密さに思わず見入ってしまう。

沖浦観音(瑞龍寺)

潮風と肱川あらしが吹き抜ける古刹

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ >> [23]

マイルートガイドを作ろう!

このページのトップへ